2021.09.26

コラム

お散歩デビューした途端、一歩も歩かない、あるいは歩けない ・・・どうしよう

慣れていない外の世界だから?

実はそれだけではないんです。理由の一つに…首輪、ハーネス、リードの存在も大きいのです

なぜなら、お散歩デビューになって初めてリードなどをつけるケースが多く、犬は、それら身につけるものに慣れていないうちは、体にいきなり触れられたり、体に何かをつけられたりすることにはとても抵抗を感じます。

そして、お外のことを知らないままに、いざお散歩を開始すると、急に体が引っ張られちゃう感覚や、目の前をチャラチャラリードがチラつくことや、首輪とリードを繋ぐ金具の音などが気になって、動けなくなるのです。

それは、人間だって、いきなり縛られたり、拘束されて紐で引かれたら嫌だし、抵抗しますよね? 怖いし、不安です。

同じ気持ちであると捉えてあげましょう。

まず!今からでも良いので、家の中で 首輪、ハーネス、 リードをつけて、つけたまま遊んでみましょう!

毎日繰り返すことで徐々に馴染んでいきます。

さて、お散歩では、飼い主さん!リードは引っ張らないように!そしてぐいぐいと人が先頭歩く必要はありません。進路を100%人が決める必要もありません。

なぜなら愛犬のためのお散歩ですから。愛犬のペースで歩いたり止まったりしてみましょう。なかなか動かなくて止まったまま時間が過ぎても良いのです。

止まっている間に、音、光、ニオイを感じ取っています。そのことによって、外の世界に慣れていくのです。

ドッグトレーニング、ドッグホテル、ドッグシッターのご依頼は、『ドッグトレーナー わくわく』(東京都町田市)までお気軽にどうぞ!